看護師転職サイトの上手な使い方は?

看護師転職サイトを上手に使ってより希望にあった職場に転職をしたいものですよね。

上手に使うにはまず一つの転職サイトにこだわらずに、いくつかの転職サイトを利用してみて、より自分の希望にあった職場を紹介してもらうことが出来る転職サイトを探してみるということが必要になってきます。

転職サイトでは担当者を付けて転職をサポートしてくれるところが多くなっていますが、この担当者との相性によってもより自分に合った転職先を探してもらうことが出来るかどうかが決まるとも言われています。

またサービスの使いやすさなども、人によってさまざまですので、他の人が使ってみて便利だったサービスでも、自分では使いにくかったというケースはありますよね。まずは自分で試してみることが重要です。

また、転職サイトによって求人を出している職場が異なることがあります。

いくつかのサイトに登録をすることでより多くの求人情報を入手することが出来ますので、一ヶ所にこだわらずにいくつかのサイトを併用してみることが上手な使い方の一つになってくるのではないでしょうか。

なぜ看護師の離職率が高いのか

女性の職業として看護師の仕事に就いた人は、結婚・出産・育児という一時的に仕事が出来ない時期はあっても看護師として復帰される方は多かったのです。

でも今は育児休暇後に同じ職場に戻ろうとしても医療技術が進歩していて、慣れるまでに時間が必要だったりするので、復帰が難しくなっているのだそうです。それが今の医療現場の看護師不足の原因の1つとなっています。

ですから折角看護師の資格を持っていても働いていない看護師さんの数は約60万人だとも言われていて、働いている看護師さんの約140万人に対して高いパーセンテージとなっています。そして看護師さんの離職率の高い原因に労働状況の問題があって、入院患者を抱えている病院では、交代制で夜間勤務もしなければならないのです。

夜勤を定期的に行わなければならないことは、生活の不規則を招いていくので、さらにそれに残業勤務が加わっていくと辞めていくことに繋がっているのです。離職率の多さは医療現場の人手不足をさらに生んでいくことになって、それが労働環境を益々悪化させていくことになるので、悪循環を繰り返しているのが原状です。

CRCの平均年齢・平均年収は?

日本は新薬の開発が遅れているという状況があり、CRC治験コーディネーターの平均年齢は比較的低い傾向があるようです。20代後半から30代が多く働いており、平均としては30代前半といったところでしょうか。

専門的な医学の知識が必要なため、看護師を経て転職するケースも少なくなく、実際に看護師として働いた経験を活かすことの出来る職業でもあります。転職ともなれば、新卒ではありませんから必然的に20代前半の人は少ないのです。

年収としては、年齢、経験、実績によって大きく異なりますが、300万円程度から始まり、実務を重ねて評価をされていけば、500万円近くもらえる人もいるようです。年収の平均としては320万~380万円程だと言われ、看護師として長く働いてきた人の中には、年収が下がってしまうという事も考えられるでしょう。

それでも、新しい薬が認可され、多くの人の症状を改善させることが出来る。担当する数人の患者さんだけではなく、広くたくさんの人の症状を改善緩和させる手助けができる、そういったやりがいは強く感じることが出来る職業ではあるでしょう。

夜勤専門の看護師のメリットは?

保険・医療の分野で、働き方の多様化が進んでいるお仕事に「看護師」があります。従来ですと、正社員であれば、日勤・深夜等の3交代制、2交代制といったものが多かったのですが、最近は夜勤専門の看護師求人というのが増えています。

これは、夜勤なら夜勤、日勤なら日勤というような勤務時間帯をある程度固定化したほうが健康面の問題を解消しやすいというようなことが言われたことで一般化しました。では、夜勤専門で働くことはどんなメリットがあるのか。夜勤専門の看護師のメリットは?どんな部分にあるのか。

このことについて考えてみたいと思います。まず、健康面ですが、日勤と夜勤を月にごちゃまぜで勤務すると体を壊しやすい。人の命を預かる現場ですから、看護師そのものの体調管理というのは非常に重要になります。次に報酬面でのメリットです。

基本的に夜勤専門の看護師、夜勤専従となると一回あたり夜勤の手当が15000円~25000円というような価格帯で行われるため、夜勤専門の看護師というとかなり月収面でのメリットがあります。これを10年~20年と続けるかは個人の裁量ではありますが、夜勤専門の看護師としてのメリットとして一番大きいのはやはり報酬の違いということが個人的には大きいかと思います。

男性看護師と女性看護師のの月給の違い

看護師は、女性専門の職業として考えられがちですが、近年男性看護師の数が以前と比べ少しずつ増加の傾向にあります。2000年には2万2189人いた男性正看護師の数は2002年になると2万6160人、2004年には3万1594人、さらに2008年には4万4884人、2010年は5万3748人と、2000年から2.4倍にも増加しています。

男性看護師の数が増加しつつあってもやはり女性の職業の代表と言われる看護師は圧倒的に女性看護師が多く、男性看護師の数は全看護師の内5%程度にしかすぎません。では、看護師の給料、月給や年収についてはどうなのでしょう。

厚生労働省が行う「賃金構造統計調査」の統計データーによりますと、平成23年度の看護師平均年収は475万円、月給平均33万円と、賞与83万円。そして、男性看護師と女性看護師別にみた平均年収は、男性看護師が477万円で、女性看護師475万円となり、男性看護師の方が女性看護師よりも若干年収が高いようです。

民間企業で見る男性社員と女性社員の初任給や給与水準など、収入面はかなりの格差がありますが、看護師の場合、給料は民間企業と比較にならないほど平等なのです。

男性看護師は力仕事で活躍できる

看護の仕事は、ずっと前から女性のやる仕事としてスタートしています。ですから今も医療現場では、女性看護師が殆どの状況となっています。

仮に自分が病気になったとしたら、やはり女性看護師に世話をして貰いたい気持ちは誰も持っていると思います。女性は男性に比べて力を必要とする看護は難しい面がありますが、医療現場では女性ができる仕事として多くの業務が組み立てられているのです。

そして今は看護師とは女性だけでなくて男性も同じ業務に携わる時代になってきていて、医療現場でも女性に限らず男性看護師も活躍しているのです。看護師の仕事としては、女性に限って行わなければならない仕事はないのです。でも看護師の仕事には夜間勤務は当然必要ですが、これはどう考えても男性の方が向いていると考えた方があっています。

さらに患者さんをベッドの上で持ち上げたりする看護は、男性向きであることは確かです。ですからこれからは、今までの看護とは女性がするもととおいう役割は変えていって、男性にしかできない看護もあることも考えておく必要があるのです。