CRCの平均年齢・平均年収は?

日本は新薬の開発が遅れているという状況があり、CRC治験コーディネーターの平均年齢は比較的低い傾向があるようです。20代後半から30代が多く働いており、平均としては30代前半といったところでしょうか。

専門的な医学の知識が必要なため、看護師を経て転職するケースも少なくなく、実際に看護師として働いた経験を活かすことの出来る職業でもあります。転職ともなれば、新卒ではありませんから必然的に20代前半の人は少ないのです。

年収としては、年齢、経験、実績によって大きく異なりますが、300万円程度から始まり、実務を重ねて評価をされていけば、500万円近くもらえる人もいるようです。年収の平均としては320万~380万円程だと言われ、看護師として長く働いてきた人の中には、年収が下がってしまうという事も考えられるでしょう。

それでも、新しい薬が認可され、多くの人の症状を改善させることが出来る。担当する数人の患者さんだけではなく、広くたくさんの人の症状を改善緩和させる手助けができる、そういったやりがいは強く感じることが出来る職業ではあるでしょう。